【デザイン知識なしでもOK】シンプルなアイキャッチ画像の作り方

どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です!

アイキャッチ画像は本でいえば”表紙絵”のようなものです。

目を引くようなアイキャッチ画像が作れれば、記事を読んでもらえる機会も増えていきます。

ですが、おしゃれなアイキャッチ画像を作ろうとしても、慣れていないとなかなか上手に作れませんよね。

とくにデザイン知識のない方は、1枚のアイキャッチを作るのに結構な労力を使っているのではないでしょうか。

そんな方に向けて今回は、短時間でおしゃれなアイキャッチ画像を作る方法をご紹介します。

 

一度目を通してもらえれば、デザイン知識のない方でも簡単に今風でおしゃれなアイキャッチ画像を作れるようになると思います!

事前準備

アイキャッチ画像をスムーズに作れる環境を整えておきましょう。

事前準備では、アイキャッチ画像をデザインできる環境と素材を拾ってこれるサイトを用意しておきます。

Canvaに無料登録しよう

アイキャッチ画像を作るときはCanvaを使います。

Canvaとは?

無料で利用できるグラフィックデザインツールで、Canvaを使えば誰でも簡単に綺麗なデザインを作ることができます。

デザインした画像はもちろん商用利用可能。

Canvaには有料プランも用意されていますが、無料で十分すぎるくらい使えますので、まずは無料登録をしておきましょう。

Canva公式ページ

フリー素材サイトをブックマークしておこう

アイキャッチ画像を作るときには素材が必要です。

僕がいつも利用している素材サイトを載せますので、まずはブックマークしておいてください。

Pixabay

FLAT ICON DESIGN

どちらとも有名なフリー素材サイトで、無料かつ商用利用可能となっています。

Pixabayは写真、FLAT ICON DESIGNはイラストアイコンを扱っています。

 

おしゃれなアイキャッチ画像を作っていこう

準備が整いましたら、早速アイキャッチ画像を作ってみましょう!

今回作っていくのはこんな感じのアイキャッチ画像です。

”背景を少し暗くして文字を目立たせる”最近トレンドのアイキャッチ画像です。

シンプルで綺麗なデザインに仕上げましたが、難しいことは一切していません。

しっかりとここから先の工程を追っていただければ、誰でも簡単に作れるようになります!

まずは、Canvaでデザインスペースを作成する

まずはCanvaを開き、右上の「画像サイズを指定」をクリックします。

 

ここで作成する画像のサイズを指定します。

アイキャッチ画像のサイズは、1920×1080が一番綺麗に見えるのでオススメです。

サイズを指定しましたら「デザインする」をクリックします。

 

すると、このようなデザインスペース環境が現れます。

 

画像をアップロードする

早速自分がダウンロードしてきた素材をアップロードしてみましょう。

まずは、先ほどブックマークしておいたPixabayから、好きな写真を1枚ダウンロードしてください。それができたら「画像をアップロード」をクリックします。

 

アップロードした画像を選択し、真っ白なキャンバスに挿入してみましょう。

 

挿入した画像は、自由にサイズを調節できます。デフォルトだと少し小さいので大きくしましょう。

 

こんな感じでキャンバス一面に広げればOKです。

 

素材を挿入する

続いて左側の「素材」タブから「図形」をクリックし、四角の図形を挿入しましょう。

 

真っ白な四角形が挿入されました。(背景の画像によっては真っ黒な四角形になる場合もあります)

画像が全て隠れるようにサイズを広げましょう。

 

画像が見えなくなってしまいましたが大丈夫です。次は図形の色を変えていきます。

 

色と透明度の調節をする

図形を選択した状態で、上にある白いボタンをクリックし、濃い灰色をクリックしてみましょう。

 

色が変わりました。次はこの図形を少し透明にしていきます。

 

図形を選択した状態で、右上にあるチェック柄のマークをクリックしましょう。

ここで透明度が調節できるので、60〜70の間くらいで調節してみてください。

 

こんな感じで図形が透明になり、画像がいい感じに透けてきます。

 

テキストを追加する

続いて左側の「テキスト」タブから「見出しを追加」をクリックします。

 

すると、テキスト入力欄が挿入されますので、記事のテーマに沿ったいい感じの文章を書いてみましょう。

 

文章は書けましたが、背景が暗めなのに対して文字も黒いので、少し見えにくいですよね。

文字色とついでに文字フォントも変更してみましょう。

 

文字色と文字フォントは、テキストを選択した状態で変更することができます。

 

背景が暗めなので文字色を白に、文字フォントも文章にあったものを選んでみました。

 

ちなみに白い四角形で透かしを入れて、文字を黒にするのも可愛くいいて感じになります。

自分でオリジナルのアイキャッチ画像を作るときは、背景色に対してテキストは相対的な色を設定してあげましょう。

 

控えめに装飾する

あとは左側の「素材」タブから「ライン」を選択し、邪魔しない程度の装飾を入れてあげるとよりおしゃれな感じに仕上がります。

 

何パターンか試してみたい場合は、キャンバス右側にあるコピーマークをクリックすれば、全く同じデザインをもう一つ下に追加することができます。

 

いくつか試してみたいけど、既存のデザインは崩したくないなんて時に便利です。

 

出来上がった画像をダウンロードする

画像が仕上がりましたら、右上「ダウンロード」をクリックしダウンロードしましょう!

(複数のデザインを作った場合、ダウンロードする画像の番号を指定してあげましょう。)

 

これでシンプルでおしゃれなアイキャッチ画像が完成しました!

作り方を覚えてしまえば、作業時間にして5分程度でできます!

 

【おまけ】もう一つ流行りのアイキャッチ画像を作ってみよう!

アイキャッチ画像を作るなら、いくつかトレンドのパターンを作れるようになっておくとバリエーションが出ていい感じになります。

おまけとして、最近割とベタっとしたデザインがトレンドですので、その作り方も簡単に解説しておきます!

背景を利用する

同じく1920×1080でデザインスペースを作り、左側の「背景」タブから好きな色を選択してみましょう。ベタッと背景色が塗られます。

 

今度はFLAT ICON DESIGNからイラストアイコン素材をダウンロードし、挿入してみましょう。

 

背景色を少し変更します。

 

こんな感じに仕上がりました。あとは同じようにダウンロードしましょう。

 

実際の画像がこちら。ベタッとシンプルな感じ。

これなんて制作時間2分もかかっていません。時間をかけなくてもシンプルで綺麗な仕上がりになりました!

一連の流れを参考に、皆さんも早速シンプルでおしゃれなアイキャッチ画像を作ってみてくださいね!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

デザインのパターンを覚えてしまえば、知識やセンスのない方でも簡単にアイキャッチ画像を作ることができます。

アイキャッチ画像に時間をかけすぎるのは良くなく、あくまで記事の主役は表紙絵ではなく”中身”です。

まだ記事を書くのに慣れていないうちは、とにかくライティング力が身につくよう、記事の執筆に集中しましょう。

そんな時にこそ、今回解説したアイキャッチ画像の作り方をしっかり覚えておけば、スムーズにアイキャッチ画像を用意することができます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!記事がよければ是非シェアをお願いします!

 

ABOUT ME
りゅう
2つのサイトを運営するブロガー。 「好きなことでお金は稼げる」ことを証明するために、日々奮闘中! 新卒で入社したIT企業を半年で退職し、「あ、俺組織向いてないわ」と完全に開き直り、今後の人生で自分が楽しいと思える事しかしないと心に誓う。

POSTED COMMENT

  1. […] あわせて読みたい【デザイン知識なしでもOK】シンプルなアイキャッチ画像の作り方どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です! アイキャッチ画像は本でいえば”表紙絵”のようなも […]

  2. […] あわせて読みたい【デザイン知識なしでもOK】シンプルなアイキャッチ画像の作り方どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です! アイキャッチ画像は本でいえば”表紙絵”のようなも […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です