ブログのアクセス解析は、立ち上げて6ヶ月未満ならほぼ必要ない話

どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です。

ブログを立ち上げて3ヶ月〜くらい経つと、「そろそろアクセス解析とかしたほうがいいのかな…?アクセス解析ってどうやってやるんだろう…」とお悩みになる頃だと思います。

はじめに結論を言うと、現段階で、ブログのアクセス解析はほぼ必要ありません。

その理由を本記事で詳しくお話するとともに、最低限チェックすべきポイントも2つほどありますので、アクセス解析の方法も合わせて説明します。

サクッと読み進めてみてください!

ブログのアクセス解析は、ほぼ必要ありません

ブログのアクセス解析は、ブログを立ち上げてから6ヶ月未満なら、ほぼ必要ありません。

〜6ヶ月までは、とにかく記事を書いてブログに慣れる期間だからです。

多分、今アクセス解析の方法を学んで実践しても、あまり大きな効果が得られないです。

補足として、僕も本格的なアクセス解析は行っておりませんが、月90,000円程度の結果は出せました(【ブログ5ヶ月目の運営報告】収益を4倍に伸ばした戦略も公開します)。

ここから突き抜ける場合に、アクセス解析が必要なのかな…と思います。

そもそもアクセス解析は何のためにするの?

ブログのアクセス解析をする理由は、大きくまとめると以下の2点です。

  • データから試行錯誤し、ブログを強化するため
  • ブログ運営のやり方(方向性)が間違っていないかを確認するため

たしかに、アクセス解析をしっかりと行えば、アクセスアップと収益アップに繋がるでしょう。

しかし、ブログ運営期間が〜6ヶ月くらいだと、まだ試行錯誤する段階ではないです。

繰り返しになりますが、今はとにかく記事をどんどん書いて、ブログになれるほうが優先順位が高いはずです。

ただし、最低限チェックすべきポイントがあります

アクセス解析はほぼ必要ないと説明しましたが、最低限見ておいたほうがいいポイントが2点ありますので、そこだけはチェックするようにしましょう。

次項より解説していきますが、何も難しい話ではないので、軽い気持ちでご覧ください!

 

ブログのアクセス解析で最低限チェックすべきポイント

ブログのアクセス解析で、最低限チェックすべきポイントは以下の2点です。

  • アクセスを集めているキーワードのチェック
  • 成果が発生した記事のチェック

これら2点をチェックすべき理由と、チェック方法をサクッと解説していきます。

アクセスを集めているキーワードのチェック

記事を何本も書いていれば、アクセスを集めてくれる記事が必ず出てきます。

そしてアクセスを集めてくれる記事は、どこかのキーワードで上位表示されている可能性が高いので、そのキーワードを確認しましょう。

 

アクセスを集めているキーワードのチェック方法

Google Search Consoleを利用します。

※多分ほとんどの人が連携済みだと思いますが、まだ取り入れていない方はこちらの記事(【丁寧解説】WordPressを導入後、必ず最初にやるべき6つの設定)の、「手順6」を見ながら連携しておきましょう。

サーチコンソールを開きましたら、右側の「検索トラフィック」⇒「検索アナリティクス」を開き、①クリック数 / ②掲載順位にチェックを入れて、クエリを
確認しましょう。

上位に表示されているキーワードほど、アクセスを集めているキーワードになります。

 

キーワードをチェックすることで、ブログのアクセスアップを狙える

チェックしましたら、以下の手順でブログの強化をしましょう。

  • キーワードを記事内の見出しに追加する
  • 関連のある記事に内部リンクをつなげる

上記2点のリライトを行うことで、さらなるアクセスアップが狙えます。

成果が発生した記事のチェック

ブログを書き始めて3ヶ月〜くらいから、ちょこちょこと成果が発生するようになります。(ブログが読まれなくても3ヶ月は継続しよう【変化は4ヶ月目から起こる】

もし既に1件でも成果が発生しているのなら、成果が発生した記事のチェックをしましょう。

 

発生した記事(リファラ)のチェックの方法

お使いのASPから確認することができます。

  • A8.net:「レポート」⇒「新レポートβ版」⇒「コンバージョンリファラレポート」
  • もしもアフィリエイト:「売上レポート」⇒ 成果詳細タブの「今月」をクリック
  • アクセストレード:「レポート」⇒「成果分析」⇒ CSVを「ダウンロード」から見れます
  • afb:「成果状況確認」⇒ 日付を指定し「レポートを表示する」⇒ref項目の「表示」をクリック
  • バリューコマース:「レポート」⇒「注文別レポート」

 

成果が発生した記事には、商品が売れるヒントが隠されている

成果が発生した記事からは、商品が売れるヒントが隠されているので、自分の書いた記事のどこがよかったのか、今後の記事に活かせるポイントはどこかなど、自分なりに分析してみましょう!

 

アクセス解析で「アナリティクス」を見ても、あまり意味がない話

最後に補足的なお話ですが、アクセス解析と聞いて思い浮かぶのがgoogleアナリティクスです。

アナリティクスでは、月間PVやリアルタイムレポートなどをチェックすることができるのですが、過度な見過ぎは禁物です…

もちろん月末に、月間PV数などの確認はしたほうがいいですが、アクセスが気になって1日に2回も3回もリアルタイムレポートを見るという行為に意味はありません…

過度な見過ぎはショックと挫折の原因になる

ブログを立ち上げて〜3ヶ月くらいだと、まだ大きなアクセスは見込めません。

それでもブログを書いてる以上、アクセスが気になってしょうがないですよね。

僕も当時はリアルタイムレポートばかりに気を取られて、1時間おきに確認とかしていたのですが、そのたびに「ああ、この時間も訪問者0だ…」と無意味なショックを重ねていました。

そしてある時、「この行動に意味はない…」と気づきました。

アナリティクスで何度も確認するよりも、検索流入を意識した記事を書くほうがよっぽど価値あるので、3ヶ月後の未来に向けた記事を量産しましょう。

ブログの検索流入が増えない…【理由と対策をくわしく解説】

あわせて読みたい
ブログへの検索流入が増えない...【理由と対策をくわしく解説】どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です! とりあえず3ヶ月ブログを続けてみたけど、検索流入があまり増えない...何か致...

 

まとめ

本記事の内容をまとめます。

  • ブログを立ち上げて〜6ヶ月くらいまでは、本格的なアクセス解析は必要ありません
  • 簡易的なアクセス解析として、「①アクセスを集めてるキーワード」「②成果が発生した記事」この2点は随時チェックしておきましょう
  • アナリティクスを見すぎることに意味はありません…

それでは皆さん、素敵なブログライフを!

ABOUT ME
りゅう
2つのサイトを運営するブロガー。 「好きなことでお金は稼げる」ことを証明するために、日々奮闘中! 新卒で入社したIT企業を半年で退職し、「あ、俺組織向いてないわ」と完全に開き直り、今後の人生で自分が楽しいと思える事しかしないと心に誓う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です