【12月12日まで】Amazonポイント3,000円分を無料でもらう方法
ブログノウハウ

ブログを始めたらまずやるべき「3つのステップ」を解説【ここが始まり】

「ブログを始めてみたけど、何をすればいいか分からない。記事を書く?プロフィールをつくる?それともまずは知識のインプットをすべきかな?道しるべがほしい…」

 

今回の記事では、こういった方に向けて「ブログを始めたらまずやるべき事」を3ステップで説明していきます。

ブログを始めて最初にやるべき3ステップは以下の通り。

はじめの3ステップ
  1. 記事を書いてみよう【すべてのスタートはここから】
  2. 主要アフィリエイトASPに登録する【収益化の構築】
  3. Twitterとブログを連動させる

ブログを始めたあなたの道しるべとなれるよう、本文で順番に説明していきますね!

※なお、あなたがWordPressでブログを始めている場合、「はじめにすべき初期設定」が済んでいる程で話を進めます。まだ初期設定がお済みでない場合は、以下の記事を参考にまずは初期設定を終わらせましょう。

【丁寧解説】WordPressを導入後、必ず最初にやるべき6つの設定

【丁寧解説】WordPressを導入後、必ず最初にやるべき6つの設定どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です! 今回は、WordPressをインストールした後に、必ず最初にやっておくべ...

ステップ1:記事を書いてみよう【まずは10記事】

ブログを立ち上げたのですから、まずは記事を書きましょう。

なぜかここで勿体ぶってしまう人がいますが、あなたは既に「ブロガー」です。記事書きましょう!

新米ブロガーのよくある勘違い

よくある圧倒的な勘違いとしては、「記事を書く前に、文章やSEOの勉強をする」です。

これって慎重で丁寧なようにみえて、実は初動が遅くなってしまっています…

正しい流れは以下です。

記事を書く ⇒ 上手に書けない(課題が見つかる) ⇒ 課題を克服するために文章の勉強をする

記事を書かずして、課題は見つかりません。

記事を書いてからが全ての始まりです。

プロフィールとかは後回しでOK

まずはプロフィールを書くべきじゃ?…と思われた方もいると思いますが、後回しでOKです。

「最初の記事はプロフィールから」なんて決まりはありませんし、おそらく最初からプロフィールを書く人なんてほとんどいません。

もちろんいずれ書く必要はありますが、最初にやるべき作業ではないです。

「記事を書きつつ、プロフィールを少しずつ完成させていく」こんなイメージでOKです。

書く内容は?

書く内容については、「あなたが今書けること」でOKです。

多分、何か書きたいこととか、発信していきたい内容があるからブログを始めたと思いますので、それをもったいぶらずに書けばOKです。

今のあなたが書ける範囲内で、まずは1記事書いてみましょう。

イチから全てわかる!ブログ記事の書き方【WordPress編】

イチから全てわかる!ブログ記事の書き方【WordPress編】どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です! 今回は、WordPressブログを立ち上げた方向けに、一から丁寧に記事の...

記事を書く際に最低限覚えておくこと【3つある】

記事を書く際には、最低限覚えておくべきことが3つありますので、軽く頭に入れておいてください。

以下のとおりです。

  1. 見出しを使う
  2. 日記を書かない
  3. 最初から完璧を目指さない

サクッと解説しますね。

①見出しを使う

記事には必ず「見出し」を使いましょう。

見出しとは、文章における”区切り”の役割を果たすものです。

見出しがあると、文章を内容ごとに整頓できまして、読みやすい記事になります。

<見出しがある場合>

 

<見出しが使われていない場合>

見出しがないと、文章に区切りがなくなり、とても見づらいですよね。

見出しの使用は、記事を書く上での基礎となりますので、覚えておいてください!

WordPressで見出しを設定する方法は、以下の通り。

見出しにしたい文章を選択し、「段落」から見出しを選択

 

②日記を書かない

自己満足のブログなら日記でOKなのですが、ブログで稼ぐことを目標にしているのであれば、日記はNGです。

理由は簡単で、日記を書いても稼げないからです。

記事を書くときの視点としては、「誰かの役に立てるかどうか」でして、どんな内容であれ、役に立つ記事が書ければ先は明るいです!

③最初から完璧を目指さない

最初から完璧を目指す必要は一切ありません。

ここでいう完璧とは、上級者ブロガーが書く「とても読みやすい文章」のことで、残念ながら新米ブロガーが、どんなに時間をかけても同じようには書けません。

これは「経験値」の問題で、経験値が足りない状態で、完璧な文章は書けないので。

とにかく大切なのは「記事を書く経験」です。

まずは60%の内容でいいので、記事を公開すること。

これを何度も積むうちに、少しずつ”文章のコツ”がわかってきて、読みやすい文章を書くことができるのです。

ステップ1は以上でして、次のステップ2は、ブログ収益に直接関わる部分です。

 

ステップ2:主要アフィリエイトASPに登録する

このステップは、「ブログ収益の柱」を構築する工程です。

ここがないとブログで稼ぐことはできません。

内容としては簡単で、「アフィリエイトASP」に登録しましょう。

アフィリエイトASPとは?

アフィリエイトASPとは、アフィリエイト広告を配信するサイトのことです。

企業は、商品やサービスの売り上げを伸ばすために、アフィリエイトASPに広告の配信をお願いします。

そして我々ブロガーは、アフィリエイトASPからアフィリエイト広告を取得し、自分のブログに掲載します。

もし読者が、その広告から商品またはサービスを購入した場合、ブログの主であるあなたに、一定の報酬が入る仕組みとなっています。

これがブログで稼ぐ仕組みでして、ブログで稼ぐためには、アフィリエイトASPの登録が必須になります。

なお、ここらへんがまだ曖昧な方は、下記の記事で「ブログでお金を稼ぐ仕組み」を理解しましょう。

ブログでお金を稼ぐ仕組みと、稼ぐために必要なサイトを一挙紹介

ブログでお金を稼ぐ仕組みと、稼ぐために必要なサイトを一挙紹介どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です! このブログを始めてから約4ヶ月が経ちます。 ブログを始めてから今ま...

登録しておくべきASP一覧

各ASPによって広告の種類も異なりますので、まずは主要ASPの8つを登録しておきましょう。

ここら辺を後回しにしてしまう人は、おそらく今後稼げません…1つあたり3分もかかりませんので、チャチャっと終わらせちゃいましょう。

 

ステップ3:Twitterとブログを連動させる

ブログを始めたら必ず行うべきなのが、「Twitterとブログを連動させる」ことです。

つまり、ブログ用のTwitterアカウントを作り、同時に発信していく。ということ。

ブログ × Twitterでダブル発信をしよう

2018年以降の動きとして、ただブログを更新するだけだとちょっとNGです。

結論は、「SNSでも同時に発信すべし」です。

「あなたのブログだから見たい」

「あなたのブログでオススメされたものを購入したい」

発信していると、ありがたいことに、こういった方が必ず現れます。

最初のころは、検索で上位を取るのが厳しくても、Twitterで発信すればフォロワーさんには届きますので。

以下に、フォローしておくべきアカウントを数名リストアップしておきます。

一つアドバイスとして、「頭ごなしに誰でもフォローしまくる」のはちょっとNGです。

理由はツイートが埋もれてごちゃごちゃしてしまうから。

Twitter管理アプリなどを使えば別ですが、最初のうちは多くても〜100人くらいまでにしておいた方がいいでしょう。

ブログ立ち上げ当初はアクセスが少なく、SNSからの集客が必須になる

ブログを立ち上げたばかりの頃は、ブログが育っていないので、アクセスが非常に少ないです。

そんな時に必要になってくるのが、「Twitterからのアクセス流入」です。

流れとしてはこんな感じ。

記事を更新する ⇒ Twitterでシェア ⇒ フォロワーさんが読みにきてくれる

初期の頃は、Twitterからのアクセス流入が非常に貴重なものとなりますので、どんどん活用すべしです。

Twitterから一日10人でも読者が来てくれれば、それだけブログの成長も速くなりますので。

 

まとめ

今回の記事では、ブログを始めたけれど、何から手をつけていいかわからない方に向けて、その道しるべを書きました。

記事の内容をまとめます。

  • まずは記事を書いて、ブログ運営の感覚をつかむ
  • 記事を書いていると課題が見えてくるはずなので、その時点で勉強する
  • ブログを収益化させるために、アフィリエイトASPに登録する
  • ブログをTwitterと連動させ、ダブルで発信していく

こんな感じでスタートダッシュを切りましょう!

あなたの検討を祈りながら、記事を終えます。

ABOUT ME
りゅう
2つのサイトを運営するブロガー。 「好きなことでお金は稼げる」ことを証明するために、日々奮闘中! 新卒で入社したIT企業を半年で退職し、「あ、俺組織向いてないわ」と完全に開き直り、今後の人生で自分が楽しいと思える事しかしないと心に誓う。
関連記事はこちら