ブログノウハウ

ブログ記事をスマホで書く方法とコツを紹介します【生産性を上げよう】

どうもこんにちは、りゅうです。

りゅう
りゅう
ぼくは「記事の80%をスマホで書き、のこりの20%をパソコンで仕上げる」というスタイルで、ブログを運営しています。

昔はパソコンで記事を書いていたのですが、パソコンの前で書こうとしても、なかなか手が進まず苦しんでいました。

しかし、スマホで記事を書くスタイルになってから、スルスルと記事が書けるようになり、生産性もかなり向上しました。

りゅう
りゅう
スマホで記事を書くの、マジでオススメです。

 

しかし、スマホで記事を書こうにも

  • ツールは何を利用すれば良いの?
  • どんな感じで書いているの?

といった疑問があると思うので、今回はぼくが普段やっている「ブログ記事をスマホで書く方法」を解説していきます。

今回の記事の内容
  • ブログ記事をスマホで書くと、生産性が上がる理由とは
  • ブログ記事をスマホで書くときは、「Evernote」を利用しよう
  • ブログ記事をEvernoteで書くときの「コツと書き方」
  • ブログ記事をスマホで書いた後は、パソコンで清書しよう

3分くらいで読み終わるので、ぜひマスターしてお帰りください!

ブログ記事をスマホで書くと、生産性が上がる理由とは

スマホで記事を書くと、生産性が上がる理由は以下のとおり。

  1. 記事を書くのに場所を選ばないから
  2. 思いついたネタをサッと書き留めておけるから
  3. 現代の人は「スマホ慣れ」しているから

こういった理由が挙げられます。

① 記事を書くのに場所を選ばない

これが大きいです。

どうしてもパソコンだと、場所が限られてしまいますよね。

たとえば、自宅のデスクトップPCで書いているのなら、そこでしか記事が書けません。そのため、記事を書く行為が堅苦しくなってしまいがちです。

りゅう
りゅう
「この場所に来たら記事を書かないといけない」←こんな風に思っちゃうと、記事執筆にだんだん苦手意識を覚えてしまいますからね

しかし、スマホであればどんな場所でも文章が書けるので、少しリラックスした気持ちで記事執筆ができます。

② 思いついたネタをサッと書き留めて置ける

パソコンの前で記事を書こうとしても、なかなか手が進まないこと、よくありますよね。

これは「パソコンを前にして、身体が物理的に停止してしまっている」からです。身体が止まっていると、脳の考える機能とかも鈍くなってしまうんですね。

要するに、記事ネタや良いフレーズを考えるなら、動いてた方が良いのです。

りゅう
りゅう
アイデアが思いつく時って、だいたい外を歩いてる時なんですよね。

つまりスマホは、いつ何時でも持ち歩いているので、スマホで記事を書く習慣をつけておくと、かなり役立ちます。

③ 現代の人は「スマホ慣れ」している

実際なにかを調べたり、書いたりするのって、ほとんどスマホですよね。

それくらいぼくたちは、スマホに慣れ親しんでいます。

であれば、「わざわざパソコンで記事を書く必要」ってあまり無いのでは?と思います。

パソコンはアップロード作業(画像のダウンロード、貼り付け、カテゴリ付け、タグ付け、など)だけで、あとはスマホで済ませるのが、スマートだと思います。

 

【利用ツール】ブログ記事をスマホで書くときは、「Evernote」でOK

利用するツールは「Evernote(エバーノート)」です。

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

 

りゅう
りゅう
Evernoteを知らない人はほとんどいないと思いますが、上手に活用している方って実は少ないんですよね。

ぼくがEvernoteを利用する理由は、以下のとおりです。

  1. 複数の端末で同期できる
  2. タスク管理がしやすい

少し詳しく説明しますね。

① 複数の端末で同期できる

Evernote上のデータは、複数の端末で同期できるので、スマホとパソコンを利用するのに便利です。

たとえば、電車で通勤中にスマホで書いた記事が、自宅のパソコンとすぐに同期されるので、いちいちデータを移したりせずに済みます。

りゅう
りゅう
よく、iPhoneの「メモ帳」に記事ネタなどを書き溜めている人もいますが、使っているパソコンがWindowsとかだと、同期されないので、やや非効率です。

やはり「共通言語となるツール」は必須ですね。

ただ、これだけなら「Gmailの下書きを使えば良いんじゃ?」と思う方もいると思いますが、それだと「タスク管理が面倒」というデメリットがあります。

そのぶんEvernoteは、データをフォルダ毎に管理できたりと、タスク管理に優れており、ここについても解説します。

② タスク管理がしやすい

上述しましたが、Evernoteを利用するメリットとして、「タスク管理がしやすい」というのがあります。

Evernote内でフォルダ分けができるので、ブログ毎に記事ネタを管理したり、投稿済みの下書きを別のフォルダに移したりと、とても便利です。

また、タグ付けやショートカット機能なども備わっており、ただの「メモ帳」とは別格の使いやすさがあります。

フォルダ機能

それでは次項から、ブログ記事を Evernoteで書くときの「コツと書き方」について触れていきます。

 

ブログ記事をEvernoteで書くときの「コツと書き方」

ここからは、ブログ記事をEvernoteで書くときの「コツと書き方」を紹介します。

先に一覧で書くとこんな感じです。

  • タイトル、もしくはキーワードを「題名部」に書く
  • 最初に見出しの構成を書く
  • 下書きなので汚くてOK
  • h2見出しとh3見出しには「マーク」をつける

サクッと見てみましょう。

タイトルもしくはキーワードを題名部に書く

題名部には、タイトルもしくはキーワードを書きましょう。

りゅう
りゅう
こうすることで、一覧で見たときに、パッと下書きの内容がわかりますし、記事を書く際に「論点がずれていないか?」の確認にもなります。

最初に見出しの構成を書く

ここは好みですが、見出しの構成を最初に書いておくと、まとまった記事になりやすです。

この機会に取り入れてみてください。

なお、記事の書き方をイチから学びたい場合は、下記の記事が最高にわかりやすく、オススメです。

⇒ ブログで文章構成を作る3つの手順【ブログ歴6年の僕が徹底解説】

下書きなので汚くてOK

ここがポイントです。

汚くてOKです。

とにかく頭に浮かんだ言葉やネタを取りこぼさないように、すぐに書き写す感じがベストです。

流れとしては、以下のような感じです。

  1. まずは殴り書き(手が止まらないうちは、勢いで書く)
  2. 単語でもなんでも、浮かんだら書き写す
  3. 帰宅後にパソコンで全体像を整える
りゅう
りゅう
例えるなら、漫画を描くときの「ラフ画」みたいなイメージを持ってもらえれば良いと思います。

h2見出しとh3見出しには「マーク」をつける

「h2見出し」と「h3見出し」には、清書するときにタグ付けしやすいよう、マークしておくと良いです。

なんでもいいですが、「h2は■」「h3は□」のように、ある程度目立ってわかりやすければOKです。

コツと書き方は以上です。あとは自由に執筆してみるのが、一番だと思います。

ブログ記事をスマホで書いた後は、パソコンで清書しよう

スマホで記事をバーっと書いたら、あとは自宅のパソコンで全体を整えるだけです。

具体的には、以下のような作業です。

  1. 殴り書きした文章を組み立てる
  2. 文末などの、細かな部分を整える
  3. 見出しを設定する
  4. 細かな設定(カテゴリ、タグ、パーマリンク、ディスクリプション、アイキャッチ)を済ませる
  5. 適所に画像を挿入する

上記の作業が完了したら、あとは公開するだけですね。

そして、公開した記事の下書きは、 Evernote上に「投稿済み下書き」のようなフォルダを作り、そこに移し変えることでスッキリするので、オススメです。

 

まとめ

ブログ記事をスマホで書く方法について説明しました。

りゅう
りゅう
スマホで記事が書けるようになると、生産性がとても上がるので、ぜひ習慣になるように取り入れてみてください。

それでは今回はこの辺で失礼いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログ半年で月13万稼げたので、どうやって稼いだのか全て公開しますこの記事では、僕が未経験からブログで月13万稼ぐためにやったことを全て公開しています。「立ち上げから半年までは収益0を覚悟したほうがいい」といわれるブログの世界ですが、初心者でも考えなが書けば、稼げますよ。 今日から実践できるものばかりですので、ブログで稼ぎたいならぜひ参考にしてください。...
ABOUT ME
アバター
りゅう
2つのサイトを運営するブロガー。 「好きなことでお金は稼げる」ことを証明するために、日々奮闘中! 新卒で入社したIT企業を半年で退職し、「あ、俺組織向いてないわ」と完全に開き直り、今後の人生で自分が楽しいと思える事しかしないと心に誓う。
あなたもブログ始めてみませんか?

副業でブログを始めてみたい…
そもそもブログで稼げる仕組みって?
皆はどのサービスを使ってる?

そんな疑問・悩みはこれ一つで全て解決!

\無料で公開中/

>>ブログの始め方完全マニュアル