【12月12日まで】Amazonポイント3,000円分を無料でもらう方法
転職

退職代行は違法なの?訴えられる危険性は?【担当者に聞いてみた】

どうもこんにちは、りゅうです。

退職代行サービスがネットを中心に話題となり、会社をなかなか辞められない方を中心に利用者が増えてきています。

しかしいざ利用したくても、馴染みないサービスがゆえに「サービスの透明性」が気になりますよね。

  • 本当に即日退職なんてできるの?
  • 会社側に訴えられたりしないの?
  • 懲戒解雇にされるんじゃ…

などと心配される方も多いでしょう。

というわけで今回、世間の気になる疑問について、退職代行SARABA」の担当者さんにお話を伺いました。

【人気No.1】退職代行サービス「SARABA」とは?【サービス内容を紹介】 「会社を辞めたいけれど、気まずくてなかなか言い出せない」 「上司が怖くて、とてもじゃないけど会社を辞めたいなんて言えない」...

記事にて退職代行サービスの不信感を払拭し、安心して利用できるきっかけとなれば幸いです!

\退職代行SARABAで相談してみる/

退職代行の「違法性&法的問題」について直接お話を聞いてみた

お世話になっております。今回、退職代行の「違法性&法的問題」についてサービスを提供されている側の意見をお聞かせください。どうぞよろしくお願いいたします。

※回答は基本的に原文のまま掲載していますが、一部読みやすさを考慮して変更しています

退職代行は会社側の主張に反論できないという声について

「退職代行は、会社側の主張に反論できない」← という意見がありますが、会社側に「本人と話がしたい」「来週までは仕事をしてもらう」などと言われた場合は、どのような対処になるのでしょうか?
SARABA担当者
SARABA担当者
依頼者に任せます。
依頼者が、「それでも会社には気まずくて行けない」となった場合は、どういった対応になりますか?
SARABA担当者
SARABA担当者

メールやライン対応が多いです。

というより引継ぎは、雇用者の義務でないのでやらなくても良いです。
1人が抜けて会社がまわらなくなるのは、会社の責任ですので・・・

書面作成の代理行為は違法なのでは?

「退職に関する書面作成の代理は違法である」←という意見もありますが、その点はいかがでしょうか?
SARABA担当者
SARABA担当者
書面は依頼者が書きますので大丈夫です。

懲戒解雇の危険性は?

退職代行のサービスが非弁とみなされた場合、退職自体が無効になり、場合によっては懲戒解雇扱いになるなどの危険性はありませんか?

SARABA担当者
SARABA担当者
そういった判例ありませんし、そもそも依頼者の意思をかわりに伝えることは、非弁ではありません。

それに退職代行を使っても懲戒解雇はありません(労働局回答済み)。横領等でないと懲戒解雇は難しいです。

本人の希望どおり退職できるという確証はあるのか?

「法律的に無効な代理行為として、退職自体が無効になるリスクがある」 ← という厳しい意見もある中で、「本人の希望どおり退職できる」という確証はありますか?
SARABA担当者
SARABA担当者
退職は有効です。なぜなら非弁でないからです。

※退職代行のサービスはあくまで「依頼者に変わって退職の旨を伝える」ものであり、退職手続きを代理で行うものではない

”即日退職”というのは、会社側への交渉ではないのか?

”即日退職”というのは、会社側への交渉だとみなされませんか?交渉とみなされた場合、本来ならできないのではないでしょうか?

SARABA担当者
SARABA担当者

交渉はしませんので大丈夫です。一方的の意思表示で退職は、いけます。

有休消化や給料も交渉はできませんが、伝えることはできます。ただいまのところ1000件以上こなしていますが普通に消化、支払いされています。強制力はありませんが、普通にこなせます。

業務の引き継ぎはどうするのか?

多分、退職代行を利用する人は「会社に出社せずにやめたい」と考えている人がほとんどだと思いますが、その場合、引き継ぎの調整はどうするのでしょうか?
SARABA担当者
SARABA担当者
(業務の引き継ぎは)できるだけメールでお願いします。それか弊社から依頼者に伝えます。

そもそも、入社時の契約書に反する行為は違法なのでは?

退職自体を禁止することは法律上できないはずだと思いますが、入社時の契約書に反する行為は違法ではありませんか?

(退職日の2週間前までに退職願にて提出すること、退職が決まったものは退職日まで作業の引き継ぎをし、業務に支障をきたさないようにすること、など)

SARABA担当者
SARABA担当者

2週間前に退職の意思を伝えれば、会社はそれを受理しなければなりません。

そして別に会社に行かなくても良いです。有給を使う、もしくは休暇にする(無断だと懲戒解雇になる可能性があるから)

SARABA担当者
SARABA担当者
現在、行政書士が業務に当たっていますので大丈夫です。非弁解釈を拡大するとなんでも違法行為になってしまいます。
お忙しい中のご回答ありがとうございます。退職代行の普及に役立てたいと思います!

 

退職代行の違法性・法的問題に関するまとめ

今回の質問や評判を総括して、「退職代行は透明性のある(怪しくない)サービス」であることが分かりました。

行政書士さんが業務に当たっているというのは大きな安心材料ですね。

会社側に訴えられたりなどは、まず無いと思って良さそうです。

今回の質問から得た答えを合わせて、退職代行の違法性・法的問題について分かりやすくまとめます。

退職代行に違法性・法的問題はあるのか?

退職代行のサービスはあくまでも「依頼者に変わって退職の旨を会社に伝える」だけであり、非弁行為ではない。よってサービス自体に違法性はなく、法的問題も絡まない。

懲戒解雇になる危険性はあるのか? 

退職代行を使っても懲戒解雇にはならない(労働局の回答済み)。横領等があった場合でないと、懲戒解雇は難しい。

本当に退職できるのか?

まず退職は労働者の権利であるため、できないなんてことはない。

それでも規約上、即日の退職は難しいのでは?

2週間前に退職の旨を伝えれば、民法上退職は認められる。残りの2週間は「有給」を消化する、もしくは「休暇」という形で出勤する必要はない。

業務の引き継ぎはどうするのか?

基本的にメールで行う。また、引継ぎは雇用者の義務でないので、必ずやらなければいけないものではない。

 

【さいごに】退職代行を利用するなら、コミコミ3万円の「SARABA」がオススメ

今回貴重なお時間をいただき、質問に答えていただいた退職代行SARABA」は、業界の中でも利用料金3万円と格安です。

それに合わせて、24時間の電話対応&全額返金保障制度があるので、初めての退職代行にオススメです。

会社を辞められずに悩んでいるのでしたら、ぜひ利用を検討してみてくださいm(_ _)m

【人気No.1】退職代行サービス「SARABA」とは?【サービス内容を紹介】 「会社を辞めたいけれど、気まずくてなかなか言い出せない」 「上司が怖くて、とてもじゃないけど会社を辞めたいなんて言えない」...

\退職代行SARABAで相談してみる/

ABOUT ME
りゅう
2つのサイトを運営するブロガー。 「好きなことでお金は稼げる」ことを証明するために、日々奮闘中! 新卒で入社したIT企業を半年で退職し、「あ、俺組織向いてないわ」と完全に開き直り、今後の人生で自分が楽しいと思える事しかしないと心に誓う。