【12月12日まで】Amazonポイント3,000円分を無料でもらう方法
就職活動

IT業界に入るために専門学校に通う必要はあるの?【答えはNOです】

どうもこんにちは、りゅう(@ryuta_blog)です!

この記事を書いている僕は、IT系の専門学校(2年制)を卒業しています。

その後はIT企業に入社し、半年ほどプログラマーとして働きましたが、その後すぐに退職。

IT系の専門学校 ⇒ IT業界参入 という一連の流れを経験した僕ですが、今振り返ると「IT業界に就職するために専門学校に通う必要はなかったな〜」と思っています。

というわけで今回の記事では、僕がIT系の専門学校に通う必要はないと結論付ける理由を解説します。

完全に個人的な意見にはなりますが、専門学校へ入学を考えている方、もしくはIT業界への参入を考えている方の参考になれば幸いです!

【断言】学歴や資格なんて無くても、IT企業に就職できる

IT業界に就職するには、学歴や資格が必須と勘違いされている方が多いようです。

そのため自然と”専門学校”という選択肢が思い浮かぶと思いますが、学歴や資格などなくても、IT企業に就職することは余裕です。

企業は学歴など見ていない

IT業界では学歴などさほど必要ありません。

もちろん専門学校を出ているか出ていないかで差が一切ないと言えば嘘になります。

ただ、今の企業が最も重視しているのは学歴ではなく、コミュニケーション能力人柄です。

IT業界への強い想いとか、一生懸命さが伝わる人であれば普通に採用されたりします。

資格はおまけである

よく「資格はとりあえず取っておけ、後で楽できるから」と聞きますが、IT業界にいたってそれは通用しません。

IT業界は実力が全てなので、資格はあってもプログラミング能力が低ければ意味がないです。

なので、資格を取るために専門学校に入ろうと考えているのであれば、お金の無駄ですのでやめておいたほうがいいです。

(資格を取るだけなら独学で全然行けますよ)

仮に資格のおかげで就職できたとしても、使えない社員になるだけです…

実力と不相応な資格は逆に企業をがっかりさせるだけ

少し僕の実体験を話します。

僕は専門学校時代に、IT系の国家資格を取得しました。

合格率は常に30%を下回っているので、それなりに難しい国家資格です。

ただIT系の専門学校は、就職率を上げるために鬼のようなカリキュラムで学生に国家資格を取らせようとするので、取れて当たり前なんです。

そして、実はこれが専門学校の大きな落とし穴です。

IT系の専門学校は「プログラミング能力<資格」に重点を置いているところが多く、資格さえあれば実力はなくても就職できるという考えのもと、肩書きだけのエンジニアが量産されていきます。

僕もそのうちの1人でした。

 

難関の国家資格を持っておきながら能力は低いという、一番カッコ悪いタイプですね

 

その後無事に就職したものの、いざプログラムを書いてみると、実力が備わっておらずかなり上司にがっかりされたのを今でも覚えています。

「資格がある=エンジニアとしての実力がある」とは決してなりませんので覚えておきましょう。

学歴や資格よりも、体験や実績を重ねよう!

IT業界への参入を考えているのなら、学歴や資格なんかよりも、体験や実績を重ねましょう。

何百万かけて専門学校で学歴と資格を取るくらいなら、そのお金と時間を全て使ってでも、システムの1つや2つを作ってみるべきです。

やっているうちに、プラグラムの楽しさに目覚めれば尚良しですし、仮に「プログラム無理だわ…」と気付けば、お金を無駄にせずに済みます。

専門学校に入ってから「自分には向いていないわ…」と気付くよりもよっぽど賢いです。

ちなみに僕は何百万というお金と2年間の時間を使って「専門学校はあまり行く必要ない」という事実を教わりました。

その事実を今みなさんに共有している最中です。

 

もし本気でIT業界に参入しようと考えているのであれば、とりあえずJavaを学んで簡単なシステムを作ってみましょう。

下記の参考書であれば、未経験でも余裕でJavaを理解できると思います。

 

大げさでなく、専門学校在学中に面接を受けに来る学生よりも、突然押しかけてきて「自分でJavaを勉強してシステムを作ってきました!」とニコニコ楽しそうに失敗作を持ち込む高卒の方が、企業はよっぽど魅力的に感じると思いますよ!

 

専門学校だと何かと効率が良くない

僕が専門学校に通う必要はないと結論付けたもう一つの理由がこちらです。

いらないことまで学ばないといけない

専門学校に入るということは、集団に属するということですから、指定されたスケジュール通りに指定された講義を受ける事になります。

そのため、本当ならJavaをもっと勉強したいのに、HTMLの時間があったり、座学があったり、自分の思い通りに勉強ができないことが頻繁に起こってきます。

専門学校は広く浅く学ぶには適していますが、狭く深く学ぶには不適です。

自分のペースで学べない

当たり前ですが、専門学校ではクラス単位での講義が基本です。

全員のペースに合わせて授業が進むので、待ち時間が生じたり、逆に置いてかれるなんてこともザラにあります。

もちろん同じクラスの仲間と教えあいながら勉強ができる環境でもあるのですが、時間効率からすれば圧倒的に無駄が多いです。

エンジニアを目指すなら、プログラミングスクールがオススメ

本当にエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールに申し込むのが手っ取り早いです。

プログラミングスクールのメリット
  1. 学校に通うよりも、費用が圧倒的に格安
  2. 短い期間に集中することで、効率よくプログラミングを学べる
  3. プロにマンツーマンで質問することができる

まずは、プログラミングスクールの中でも特に評判の良いTechAcademyで、プログラミング無料体験を受けてみると良いでしょう。

TechAcademyはこちら

 

IT業界は人材が圧倒的に不足しているので、本気度が高ければ雇ってもらえる

世の中がどんどんIT化に進んでいる中で、IT業界では圧倒的に人材が不足しています。

”専門卒”という肩書きがなくとも、本当にやる気があれば雇ってもらえます。

即戦力を募集しているベンチャー企業などは厳しいかもしれませんが、未経験者でも一緒に成長していきましょう!みたいな企業もたくさんあるので、「とりあえず専門学校」と視点を狭めるのではなく、どうすれば企業に入ることができるかを広い視野で考えてみましょう。

そうした時に、実は専門学校に入ることだけが正解ではない事に気付くはずです。

一番の近道はプログラミングを自分で体験し、実績を作ることです。

他にも”IT業界に強い転職サイト”で企業を探してみるという視点もあります。二つほどオススメのサイトを貼っておきます。

>>転職のSwitch

>>MIIDAS(ミーダス)

 

まとめ

今回の記事の内容をまとめます。

まとめ
  • 学歴や資格がなくてもIT業界でやっていける
  • 企業は学歴など見ていない
  • 資格などおまけ程度にしか考えられていない ⇒ 無理に資格を取っても実力がなければがっかりされるだけ
  • それよりも体験や実績を重ねよう(オススメはプログラミングスクール)

IT業界に入るために必ず専門学校に入る必要はないので、自分の将来設計に一番合っている道を探してみてください。

なお、今回の記事はあくまで個人的な結論であり、IT系の専門学校を否定するものではありません。

最後までお読みいただきありがとうございました!
ABOUT ME
りゅう
2つのサイトを運営するブロガー。 「好きなことでお金は稼げる」ことを証明するために、日々奮闘中! 新卒で入社したIT企業を半年で退職し、「あ、俺組織向いてないわ」と完全に開き直り、今後の人生で自分が楽しいと思える事しかしないと心に誓う。