MENU

【実体験】モグワンの保存料の「安全性」と「品質」を徹底解説!

こんにちは。パピヨン2匹を飼っている「りゅう」です!

この記事では、愛犬の健康を心から願う人に向けて「モグワンの保存料について、その安全性と信頼性」を徹底解説しました。

モグワンの保存料に関する情報や疑問、安全性について気になっている方は多いと思います。私も同じ愛犬家として、その気持ちをよく理解しています。

実際に愛犬にモグワンを与えている飼い主として、モグワンの保存料の安全性や成分について、わかりやすく解説していきますね!

また、記事後半では、愛犬の健康を守るための具体的なアドバイスや、ほかの飼い主の経験談も紹介しています。

あなたの大切なパートナーの健康を左右する重要なお話です。是非、最後までお読みいただき、安心できるドッグフード選びの参考にしてください!

モグワンの保存料についての真実

モグワンの保存料に関する疑問や心配を持つ飼い主のために、実際にモグワン利用者の筆者がしっかりとお伝えします!

まずこの見出しでは、モグワンの保存料成分の安全性や、なぜモグワンが保存料を最小限に抑えるのかについて解説します。

  • モグワンの保存料成分解析:安全性と効果
  • なぜモグワンは保存料を最小限に抑えるのか?

① モグワンの保存料はどんなもの?:安全性と効果について

モグワンに使われる保存料は、天然保存料の「ミックストコフェロール」です。ミックストコフェロールは「自然由来」であり、犬の体に優しいだけでなく、アレルギーを引き起こしにくいというメリットもあります。

天然保存料ミックストコフェロール

モグワンドッグフードに使用されているミックストコフェロールは、自然由来の保存料として知られ、安全性が高いことで人気です。この保存料は、一般的にビタミンEとしても知られ、抗酸化作用を持っています。これにより、ドッグフード内の脂質が酸化するのを効果的に防ぎ、フードの鮮度を長持ちさせることができます。

また、ミックストコフェロールは化学合成保存料とは異なり、犬の体に優しい成分です。天然の成分であるため、アレルギーを引き起こすリスクも低く、敏感な犬でも安心して摂取できます。

②市販ドッグフードの保存料の種類について

そもそも保存料にもいろいろな種類があって、どれがどんな効果をもつのかは、成分ごとにちがいます。

市販のドッグフードによく使われる保存料について:

エトキシキン (Ethoxyquin)

  • 効果: 強力な抗酸化作用を持ち、ドッグフードの酸化を防ぐために使用されている。
  • デメリット: 過剰摂取により発がん性があることが確認されている。

BHA (ブチルヒドロキシアニソール) および BHT (ジブチルヒドロキシトルエン)

  • 効果: 脂肪の酸化を防ぐために使用される合成抗酸化剤。
  • デメリット: 過剰摂取により発がん性や女性ホルモンへの影響が指摘されている。

プロピオン酸塩

  • 効果: 酸化を防ぐための保存料。
  • デメリット: 過剰摂取により血糖値を上げる可能性がある。

ソルビン酸塩

  • 効果: 保存料として、カビや酵母の増殖を抑制する。
  • デメリット: 人間が摂取する食品については、摂取許容値(ADI:25mg/kg体重/日)が定められているが、ペットフードについては摂取許容値が定められておらず、健康リスクの詳細は不明。

酸化カルシウム

  • 効果: 保存料として使用される。一般的な食品に含まれる量においては、健康リスクは低い。
  • デメリット: カルシウムの過剰摂取時においては健康リスクの可能性がある。

上記のとおりです。

市販の多くのペットフードには「化学合成保存料」が含まれていますが、モグワンではそのような添加物は使用せず、食品の鮮度を保つために自然由来の抗酸化物質を使用しています。

これにより、長期間保存してもフードが酸化するのを防ぎ、栄養価を損なわないようにしているというわけです!

② モグワンが保存料を最小限に抑える理由

モグワンが保存料を控えめにしているのは、何よりも犬の健康を第一に考えたフードだからです。

化学的な保存料は、犬の体に悪影響を及ぼす懸念がどうしても残ってしまいます。

モグワンは自然の保存料だけを選んで作られているので、そういった面でとても安心できるんです…!

たまにステマとか書かれたりしていますが、良いものは良いです。品質は本当に最高品質だと実感しています!

\【定期コース限定】初回1個50%OFF/

ドッグフードにおける保存料の重要性

せっかくこの記事を見てくれたのですから、もう少し「保存料」についての理解を深めておきましょう!

保存料の役割と犬への影響

保存料の主な役割は、製品の品質を維持することです。

とくにドッグフードにおいては、何度も口を開封する性質上、フードの鮮度を保ち、有害な細菌やカビの発生と成長を防ぐことが重要になってきます。

しかし上述したとおり、保存料にはリスクが伴います。

POINT

保存料は、食品の鮮度を保つために広く使用されていますが、これが犬の体に及ぼす長期的な影響は必ずしも明らかではありません。一部の研究では、化学保存料の長期的な摂取が、犬の消化器系の問題やアレルギー反応、さらには慢性的な健康問題につながる可能性が指摘されています。これは、保存料が体内で蓄積され、徐々に有害な影響を及ぼすからです。

犬の体は人間とは異なるため、人間用の食品に使用される保存料が犬にとって安全であるとは限りません。

そのため、飼い主としては、愛犬が摂取する食品の成分を常に注意深く確認し、可能な限り自然な製品を選ぶことが大切です。

モグワンはそのバランスをとてもよく理解していると思いますが、飼い主自身も、愛犬の健康を守るために、保存料の内容や量を常に意識しましょう!

モグワンの保存料の安全基準とペットフード業界

モグワンは、どうやって保存料を安全に使っているのか、そしてペットフードの世界でどんな役割を果たしているのか。

この見出しでやさしく説明します!

  • ペットフードにおける保存料の国際基準
  • モグワンが選ぶ保存料の基準と品質管理

① ペットフードにおける保存料の国際基準

ペットフード業界には、保存料の使用に関する国際基準が存在します。

これらの基準は、ペットの健康を守るため、また消費者が信頼できる製品を手に入れられるよう設けられています。

具体的に、保存料の種類や使用量、表示方法などが厳格に規定されていて、これに違反すると製品の販売自体が許可されないという、とても厳しいものです…!

つまり、市販のフードはすべて、この国際基準を満たしている(安全)といえます。

しかしモグワンは、これらの国際基準のほかに、さらに独自の基準を設けることで、製品の安全性と品質を一層高めています。

この独自の基準について、モグワンの購入を検討している飼い主であれば、かならず知っておきましょう!

② モグワンが選ぶ保存料の基準と品質管理

モグワンが保存料を選ぶ際の基準は、安全性と品質の両立です。

そのため、モグワンは厳選された天然由来の保存料のみを使用し、化学的に合成されたものは避けています。また、製品の品質管理にも細心の注意を払い、保存料の使用量は常に適切な範囲に保たれています。

POINT

モグワンは、犬の健康を最優先に考え、保存料フリーの製品を提供することで、犬の長期的な健康維持に貢献しています。

また、モグワンの製品開発チームは、科学的根拠に基づいた原材料の選定を徹底し、保存料に頼らない製品作りを実践しています。

これにより、モグワンのドッグフードは、犬が本来必要とする栄養をバランス良く摂取できるよう配慮されており、愛犬の健康をサポートする安全で高品質な選択肢となっています。

モグワンが掲げる「犬の健康を第一に」という哲学は、飼い主が信頼して選べる製品を提供することにつながっています。

品質管理のプロセスでは、原材料の選定から製品の出荷に至るまで、一貫したチェックが行われているそうです!

これらにより、モグワンは常に高品質なおかつ安全な状態で消費者に届けられることを保証しています!

\【定期コース限定】初回1個50%OFF/

モグワンのドッグフードの「保存方法」を市販品との比較分析してみた

この見出しでは、市場に出回るほかのドッグフードとモグワンを比較し、保存料に関する問題点とモグワンの保存方法の優位性について解説します!

① 市場に出回る一般的なドッグフードの保存料

市場に出回っている多くのドッグフードには、製品の賞味期限を延ばすため、また製品が劣化するのを防ぐために、さまざまな化学保存料が使用されています。

これにより、低価格化、大容量化に特化しているものも多くあります。

先程の表を再掲します。

エトキシキン (Ethoxyquin)

  • 効果: 強力な抗酸化作用を持ち、ドッグフードの酸化を防ぐために使用されている。
  • デメリット: 過剰摂取により発がん性があることが確認されている。

BHA (ブチルヒドロキシアニソール) および BHT (ジブチルヒドロキシトルエン)

  • 効果: 脂肪の酸化を防ぐために使用される合成抗酸化剤。
  • デメリット: 過剰摂取により発がん性や女性ホルモンへの影響が指摘されている。

プロピオン酸塩

  • 効果: 酸化を防ぐための保存料。
  • デメリット: 過剰摂取により血糖値を上げる可能性がある。

ソルビン酸塩

  • 効果: 保存料として、カビや酵母の増殖を抑制する。
  • デメリット: 人間が摂取する食品については、摂取許容値(ADI:25mg/kg体重/日)が定められているが、ペットフードについては摂取許容値が定められておらず、健康リスクの詳細は不明。

酸化カルシウム

  • 効果: 保存料として使用される。一般的な食品に含まれる量においては、健康リスクは低い。
  • デメリット: カルシウムの過剰摂取時においては健康リスクの可能性がある。

これらの化学保存料には、人間にとっても犬にとっても健康リスクを伴うものがあります。

国際基準を満たしているといえど、アレルギーや食物不耐症を持つ犬にとっては、消化器系の問題や皮膚のトラブルを引き起こす可能性も指摘されています。

こういった保存料を気にする飼い主さんの、愛犬への安全性の意識の高まりと、愛情深いケアの需要増加により、添加物を使用しない自然なドッグフードへの需要が高まっています。

② モグワンが採用する保存方法の優位性

モグワンは、そのような市場のニーズに応える形で、犬の健康を最優先に考えた製品開発を行っています。

具体的には、

  • 保存料に頼らない新鮮な原材料の使用
  • 製品の鮮度を保つための特別なパッケージ技術の採用

など、独自の保存方法を取り入れています。

これにより、モグワンは化学保存料に頼る市場の一般的なドッグフードとは一線を画し、愛犬の健康を守る安全で信頼性の高い選択肢となっていることが分かります!

\【定期コース限定】初回1個50%OFF/

愛犬の健康と長寿のための3つのアプローチ

愛犬との時間は、ぼくたち飼い主にとってかけがえのないものです。その愛犬が健康で長生きしてくれることは、いってしまえばぼくたち飼い主の一番の願いですよね。

もちろん保存料などをしっかりと考慮した適切なドッグフード選びは、愛犬の健康と長寿につながります。

ただし、できるアプローチはそれだけではありません。

そこで、2匹飼いの筆者が、愛犬の健康と長寿を守るためにいつも気をつけていることをいくつかご紹介します!参考になれば幸いです。

1. 適切な食事の管理

これは保存料どうのに限った話ではなく、食事全体で言えることです。

犬の健康を維持するためには、やはりまず適切な食事が必要です。

愛犬の体重や年齢、活動量に合わせて、適切な量と質の食事を与えることが大切です。

何よりその選択肢の一つとしてのモグワンは、とても理にかなっていると思います!

とくに、人間の食べ物は犬にとって体に良くないものも多いので、与える際には十分な注意が必要です。

ねだられてついあげちゃう事ありませんか?小さな一口が大きな負担になることもあるので、ちゃんと管理してあげてくださいね!

2. 定期的な運動と健康チェック

犬は元々とても活動的な動物です。

毎日の散歩や遊びは、犬の体力や筋力を維持するだけでなく、ストレスの解消にとても役立ちます。

散歩や犬との遊びは、食事と同じくらい、健康に関わってきます。できるだけ犬との時間を増やしてあげてください!

ノーズワークがおすすめ!

ちなみに、「忙しくてなかなか散歩に行けない…」そういった時におすすめなのが「ノーズワーク」です。

犬は散歩中にいろんな匂いを嗅ぎ、それがストレス解消、運動、脳の発達に繋がります。

それを自宅でできるのがノーズワークです。

よかったらこちらの記事や動画も見てみてください!

【ストレス解消】犬のノーズワークとは?効果とおすすめグッズの紹介!

また、定期的な健康チェックも重要です。

行きつけの動物病院にて、獣医さんによる健康診断を定期的に受けましょう。

早期の病気の発見、適切な治療を受けることができます!

3. 愛情深く接すること

愛犬とのコミュニケーションは、犬の心の健康にも影響します。

愛情深く接することで、犬は安心感を得ることができます。また、犬との絆を深めることで、飼い主自身も心の安定を得ることができるでしょう。

毎日の生活の中で、愛犬との時間を大切にし、愛情をたっぷりと注ぐことを忘れないようにしましょう!

愛犬との日々を健康で長く過ごすために、上記の3つのアプローチをどうか取り入れてみてください!

モグワンの保存料に対する飼い主の声

モグワンを選んだ飼い主の実際の声について紹介します!

飼い主インタビュー:モグワンの保存料についての良し悪し

https://twitter.com/zu_cha_fudousan/status/1703250163626852380
https://twitter.com/yuiyuiyuitoo24/status/1669521050051428355

たくさんリサーチしてみましたが、モグワンを選んだ多くの飼い主は、その全成分表示の透明性と、保存料を使用しないことに安心感を感じているようです。

まとめ!モグワンの保存料に対する取り組みを知り、愛犬にとって最適な選択を!

今回の記事のポイントをまとめます!

ポイント内容
保存料の安全性モグワンは自然由来の保存料を使用し、化学物質に頼らない製品作りを徹底している
ドッグフードの国際基準市販フードは国際基準をクリアしているが、長期で考えると不安が残る面もある
市販とモグワンの比較一般的な市販フードと比べ、モグワンの保存料使用は透明性が高く、安全性に優れている
犬の健康への影響長期的な健康を考慮し、モグワンは犬の体に優しい成分を選定。
飼い主の声実際にモグワンを選んだ飼い主からのポジティブなフィードバックが多数。

最後までお読みいただきありがとうございました!

本記事を通して、モグワンに使われている保存料、犬の健康への取り組みが伝わっていれば幸いです。

化学保存料に頼らない自然由来の成分、厳しい品質管理、そして飼い主とその愛犬のための誠実なサポートが、モグワンを信頼できるブランドにしてるんですね!

あなたの愛犬の健康と長寿のために、モグワンの検討を前向きにしてみてください!

\【限定】初回20%OFF/

Share it!
  • URLをコピーしました!